葉酸と赤ちゃんとの関係は?赤ちゃんのことを考えたら葉酸を摂取!

最近ではサプリなどで栄養を取る人が増えてきました。
サプリは手軽に栄養を摂ることが出来るので、とても利用されています。
そんなサプリの中でも、特に注目をされているのは葉酸です。
葉酸は、妊娠時に飲むことにより、赤ちゃんによい影響を与えることができると言われているのです。
そのため、妊娠をしている人は早期から飲むことが多くなりました。
葉酸を食事から取ることもできます。
ここでは、葉酸と赤ちゃんとの関係について、ご紹介します。
・妊娠初期に対する影響
葉酸は、妊娠初期に大きく関わる栄養素です。
それは、なんといっても神経管閉鎖障害という、赤ちゃんの病気を予防することができるからです。
その病気は、下肢の運動に障害が見られたり排泄がうまくいかないなどの症状が見られます。
それはとても辛い事ですね。
その予防として、葉酸が勧められています。
葉酸は、細胞分裂に関わると言われていることから勧められています。
・赤ちゃんの貧血を防止する
妊娠している母親が貧血状態だと、その赤ちゃんも貧血になってしまいます。
そのことは、是非とも防ぎたいですね。
特に貧血気味という人は、要注意です。
妊娠している時は、ホルモンバランスの変化により、体調も変化します。
その結果、立ちくらみなどの症状が見られることがあります。
貧血症状がある人が立ちくらみを起こすと、倒れてしまうこともあるのです。
それを防ぐためには、鉄分が豊富な葉酸を摂取しましょう。
そして、赤ちゃんの貧血を防ぐためにも意識をして葉酸を含む食品を摂取することが大切ですね。
・授乳時の葉酸摂取
妊娠をしている時に、葉酸を摂取している人は引き続いて授乳時も葉酸を取ることをおすすめします。
それは、授乳という大変な労力を葉酸は助けることができるからです。
葉酸を摂取している多くの人は、それを取ることにより体調がよい、疲れにくい等の状態を上げています。
授乳期は、特に疲れやすいので体調が心配です。
元気を維持出来る葉酸を摂取して授乳を頑張りましょう。

妊婦さんから産後まで、いい効果がある愛され葉酸がおすすめ

・妊活中・妊娠中に必要な葉酸
葉酸は妊活をされている方や、妊娠している女性に必要な栄養素であると知っている方は多いと思います。
厚生労働省は、妊婦さんに対して一日あたり400マイクログラムの葉酸摂取を推奨しています。
葉酸を摂るメリットとしては、妊活中の場合子宮内膜を厚くし、着床しやすい環境作りをしてくれる役割があります。
また妊娠初期の頃にしっかり葉酸を摂っておくと、胎児の先天性異常リスクを減らす効果があるのです。
そのため、お母さんの体のためにも、胎児のためにも積極的に摂った方がいいでしょう。
・葉酸サプリメントに含まれている栄養素
葉酸は野菜などから摂るとなると、ほうれん草2束分が毎日必要になってきます。
そのため吸収力が高いと言われている、モノグルタミン型葉酸が含まれているサプリメントで摂ることがおすすめです。
中でも愛され葉酸は、葉酸だけでなく妊婦さんに必要な鉄分やミネラル、ビタミン類、乳酸菌が豊富に含まれていますので、これ一本でたくさんの栄養素をカバーできるのです。
また放射線テストもクリアしていますので、安心して飲むことができます。
妊娠中は悪阻などがあり、食事をするのも億劫になる時があります。
しかし愛され葉酸の錠剤は、直径6mmと飲みやすい大きさになっています。
・産後も飲み続けたい葉酸サプリメント
葉酸は、妊活中や妊娠中にのみ摂りいれるべき栄養素と思われている方が多いのではないでしょうか。
しかし産後も飲み続けていると、産後鬱を軽減してくれたり、女性ホルモンを安定させる役割があるので、継続して飲み続けてほしいと思います。
女性の体は、妊娠・出産を経て大きく変化します。
自分でもその変化に付いていけない時も出てくると思います。
しっかり胎児とお母さんの体を守り、健康に産むためにもぜひ積極的に葉酸を摂ってほしいと思います。
そして中でも愛され葉酸は、安心して飲むことができますので、おすすめです。

妊娠中の女性に嬉しい効果がある葉酸、ママも赤ちゃんも元気に幸せ

妊娠中の女性なら葉酸と言う栄養素はよく耳にしますよね。
恐らく、妊活雑誌やプレママ講習でも聞いた事があると思います。
葉酸は妊娠中の女性にはとても大切な栄養素です。
では、具体的にどんな効果があるのか詳しく見ていきたいと思います。
「葉酸は血液を作る」
妊娠中、クラクラと貧血になった事はありませんか?
また、病院の検診でも貧血になっていないか、血液検査をすると思います。
妊娠中は普段よりも貧血になりやすいと言われています。
どうしてなのかと言うと、お腹の赤ちゃんを成長させる為に血液が赤ちゃんに吸いとられていく為です。
その貧血を改善してくれるのが葉酸です。
葉酸には、血液の大切な要素となる赤血球を作る働きがあります。
と言う事で、赤ちゃんの成長とママの健康の為に葉酸は大切な働きがあります。
「元気な赤ちゃんの為に」
そして、もう1つ、葉酸の大切な働きはというと…。
それは、赤ちゃんの神経の先天性異常を防ぐ働きです。
妊娠中なら、元気な赤ちゃんを出産したいというは誰もが願う事ですよね。
葉酸には、神経細胞が作られる時の異常を防止する働きがあります。
妊娠初期に神経細胞は作られます。
その時期に出来るだけ葉酸をとる事で神経の先天性異常は抑える事が出来ます。
妊娠の初期と言うと、妊娠が判明していない事もあるので、もしも妊活中なら葉酸をとり始めておく事がおすすめです。
「葉酸をどうやってとればいいの?」
では、大切と言われている葉酸を摂る為にはどうしたら良いのでしょう。
葉酸が含まれている食べ物というと、葉物野菜などが便利です。
でも、葉物野菜はかさばるので、必要な量を食べるのは大変…。
そして、妊娠中は体調も安定しません。
毎日、葉物野菜を取り入れた料理を作るの面倒ですよね…。
そこで、サプリがおすすめです。
何となく、お腹に赤ちゃんがいるのにサプリは…と思ってしまうのはわかります。
でも、葉酸を摂らないよりはサプリを利用して摂った方が十分にメリットがあります。
赤ちゃんの事を考えて作られた無添加に近いサプリもたくさんあります。
妊娠中はつわりなどで大変の事も多いので、ぜひ賢く栄養をとって下さい。
葉酸は妊娠中の女性に多くの良い効果があります。
また、産後の授乳期間の貧血予防にも効果があります。
元気に妊娠生活を送る為にもぜひ取り入れてみて下さい。

妊娠中、葉酸をとることが大事!初めての妊娠でわからないことだらけ

葉酸 妊娠中
ちょうど2年前に初めての妊娠が発覚し、無事着床したか、心拍は確認できるかなどいろいろと不安だったことを思い出しました。
妊娠=出産ではないのだな、と改めて思いました。
妊娠初期から、病院の冊子やネットの情報で妊娠中は葉酸を摂取するべきだ、とゆうことはずっと目にしていました。
お腹の中で、検診のときにしか我が子を見られない不安があり、できることはやろう!と思いました。
食べ物から葉酸をとるのはとても大変なことです。
なのでわたしは、葉酸のとれるサプリメントにしました。
たくさんの種類のサプリメントがあるのでどれにしようか迷いました。
が、手軽に薬局などで買えること、タブレットタイプで美味しいことなどを考え、通販購入ではなく普通に薬局に売っている葉酸タブレットを購入し、飲んで(舐めて)いました。
普通においしかったので、全く苦にはなりませんでした。
特に妊娠中は、栄養はとらなければいけないけれど、太りすぎではいけないとゆうことで大変でしたが、タブレットタイプだったので口寂しいときにちょうどよかったです。
わたしが妊娠して2ヵ月後に妹も妊娠が発覚し、その葉酸タブレットを勧めて妹も愛用していました。
葉酸 母乳育児
いままでサプリメントを全く飲んでいなかったのですが、お腹の中とゆう見えないところで赤ちゃんに無事に育って欲しいとゆう気持ちが大きくなり、サプリメントを飲み始めました。
妊娠中10ヵ月、ずっとそのサプリメントを愛用し、無事出産。
出産後の方が、母乳のためにたくさん栄養をとらなければいけない、水分は3リットルとるべき、など妊娠中よりダイレクトに赤ちゃんの栄養になるので、葉酸もそのまま継続しつつ、母乳のために水分やイソフラボンが良いらしいので、それも追加し、完全母乳で娘を育てました。
いまCMでも、女性の葉酸不足をサプリメントで補えるとゆうCMが流れていますが、小さな小さな赤ちゃんのためにまず出来ることのひとつだと思います。

妊娠初期に大事な『葉酸』をどうやって摂れば良いかお答えします!

 妊娠すると、以前の食事のままでは赤ちゃんに必要な栄養が摂れているか不安になりますよね。
『妊娠してから助産師さんから葉酸を摂取する様に言われたけど、そもそも葉酸って何?』そんな質問にお答えします。
▼『葉酸』とはそもそも何?
 赤ちゃんの脳は妊娠六週目位までにほぼ完成します。
この脳や神経、細胞増殖に必要な栄養素が葉酸です。
この六週目までの葉酸配合サプリ(マルチビタミン)の摂取によって、胎児の神経管欠損奇形の発生リスクが100人中3.5人から0.9人にまで改善されるという報告がアメリカ医学会誌JAMAで報告されています。
その為、妊娠前からの葉酸の摂取が妊娠可能性のある女性には大事です。
アメリカではこの葉酸を穀類に添加する事を義務付けており、お隣の国カナダでも小麦に添加しています。
またその他海外の国々では葉酸の摂取を積極的に指導しているのですが、日本ではまだその点を比較すると指導や必要性の浸透が遅れている部分でもあります。
▼葉酸を効率的に摂るにはどうすれば良いの?
ただ闇雲に葉酸を摂れば良いかというとそうではありません。
出来れば効率良く栄養素を摂取したいですよね。
実は葉酸は水と熱に弱く、吸収率も50%程度と高くない栄養素であるため、調理方法や同時に摂取する栄養素が鍵となります。
 蒸す料理や水の使用量が少ない調理法をお勧めします。
また、同時摂取としてお勧めしたいのがビタミンB12です。
ビタミンB12は野菜、果物では摂取が難しい栄養素で、主に牡蠣や動物性食品のレバー、あさり、しじみに含まれています。
牡蠣等はあたらない様にしっかりと加熱して召し上がって下さいね。
特にレバーは葉酸とビタミンB12を同時に摂れる他、妊婦さんの体で吸収されやすい鉄分、特に体に吸収されやすい性質の「ヘム鉄」を豊富に含んでいる食べ物でとてもお勧めです。
ですがレバーにはビタミンAを沢山含んでおり、過剰摂取をしてしまうと胎児の発育に影響が出てきてしまうので毎日食べる等は控えて適度に摂取して下さいね。
また、葉酸はビタミンCとの同時摂取でも吸収率が上がると言われています。
ビタミンCは葉酸の吸収効率を上げる他に、鉄分で体に吸収されにくい「非ヘム鉄」を「ヘム鉄」という吸収されやすい栄養素に変換する効果もあります。
非ヘム鉄は植物性の食品に含まれているので、是非植物性の鉄分を食べる際にも添えてあげて下さい。

お腹の赤ちゃんのための葉酸摂取はいつからいつまで必要? 

■厚生労働省が推進する葉酸摂取
妊娠中に葉酸の摂取が大切なことは今では広く知られています。
葉酸サプリも多く市販されているため、妊娠を希望されている方は誰もが気になっているではないでしょうか。
厚生労働省では、妊娠初期のお腹の赤ちゃんの疾患である神経管閉鎖障害の発症率の低い国で「葉酸」がそのリスクを減らすとの報告がされたことで、妊娠中には通常の食品からの葉酸摂取(推奨量240μg)に 加えて、サプリメントなどの栄養補助食品から1日400μgの葉酸をを摂取するのが望ましいと情報提供しています。
■摂取する期間の理由は?
そして摂取する期間は「妊娠する1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで」が推進されています。
妊娠がわかった時点で葉酸を摂取してもその時点では赤ちゃんはもう育ち始めているので、妊娠する1ヶ月以上前という点は重要です。
そのため妊娠を望んでいる方は、400μgの葉酸を常に取り続けている必要があります。
お腹のなかで赤ちゃんの神経細胞の基礎が作られるのは妊娠2~5週とされています。
通常生理が送れて妊娠かな?と気づくのはどんなに早くても4~5週くらいなので、その時点ではすでに赤ちゃんの神経細胞は作らている真っ最中ということです。
そのためどちらかというと妊娠中よりも妊活中こそ葉酸摂取をこころがける必要があると言えます。
■3ヵ月以降は摂取しなくてよい?
摂取する期間として「妊娠3ヶ月まで」とされているのは、やはりその時期には赤ちゃんの神経管が完成するためです。
しかし妊婦さんにとっては3ヶ月をすぎてピタッと摂取をやめてしまうことに不安を感じる方もいるかもしれません。
厚生労働省の推進はあくまで赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防のためなので、12週を過ぎて葉酸を摂取していても問題ありません。
葉酸は一日1000μgが摂取の上限とされているので、400μgのサプリメントを取り続けていても害になることはなく、また妊娠していなくても貧血の予防などに効果があり体に必要な栄養素であることには違いないので、逆に可能なら飲み続けていた方が良いとも言えるでしょう。
葉酸のサプリを摂取する場合にはあまり難しく考えなくても、赤ちゃんを守るお守りのように摂取していくと良いと思います。